焼津市水道事業

サイトマップ
LANGUAGE

焼津市水道部からのお知らせ

2020/05/18

指定給水装置工事事業者の指定更新手続きのお知らせ

水道法の一部が改正されたことに伴い、令和元年10月1日から指定の更新制が導入されました。
この改正により、指定の有効期間が従来の無期限から5年間となり、有効期間内での更新手続が必要となります。期間内に更新手続を行わなければ、指定の効力を失います。
 更新制度や、令和元年9月30日までに焼津市の指定を受けている場合の有効期限等については、「指定給水装置工事事業者の指定の更新制度導入のお知らせ」を参考にしてください。

1 対象の指定給水装置工事事業者
焼津市の指定を受けた日が平成10(1998)年4月1日〜平成11(1999)年3月31日の事業者
※対象の事業者には、5月中に通知文を郵送します。

2 更新手続きの期間 
  令和2年6月22日(月)〜令和2年7月31日(金) 

3 申請書類及び提出物
(1) 指定給水装置工事事業者指定申請書(様式第1)
PDFファイル
Wordファイル
(2) 欠格要件に該当しないことの誓約書(様式第2)
PDFファイル
Wordファイル
(3) 機械器具調書(別表)及び機械器具の写真
PDFファイル
Wordファイル
(4)定款及び登記事項証明書(履歴事項全部証明書)【法人】又は住民票の写し【個人】
  ※定款は、現行のものと相違ない旨を記載し、代表者の押印をお願いします。
(5)給水装置工事主任技術者選任届出書(様式第3)及び免状番号を確認できる物(免状又は技術
者証の写し)
※最新の情報を登録するため、再度届け出をお願いします。選任日は、令和2年9月30日(更新後の有効期間の初日)としてください。
PDFファイル
Wordファイル
(6)指定更新時確認事項届出書(別紙1〜別紙3)
PDFファイル
Wordファイル
(7)上記(6)に必要な添付書類(主任技術者の研修受講証、技能を有する者の資格証など)
(8)工事店証
(9)指定更新手数料又は納入済みの「納入通知書兼領収書」の写し 

(10)指定更新申請の様式記入例

【記入例】指定申請書(様式第1)

【記入例】誓約書(様式第2)

【記入例】主任技術者選任解任届出書(様式第3)

【記入例】器具等調書(別表)

【記入例】指定更新時確認事項届出書(別紙1〜3)


※5 指定更新手数料をご覧ください。

4 更新時に確認する項目(上記(6)の届出書で確認する内容)
(1) 焼津市が実施している指定給水装置工事事業者講習会受講実績(過去5年以内)
  ※令和元年7月24日に藤枝市と合同で開催した講習会の受講状況を記載してください。
(2)業務内容(営業時間、漏水修繕、対応工事等)
  ※業務内容は、今後、焼津市水道事業ホームページの指定工事店一覧に掲載する予定です。
(3)給水装置工事主任技術者等の研修受講実績(過去5年以内)
(4)適切に作業を行うことができる技能を有する者の従事状況(過去1年以内)

5 指定更新手数料
  10,000円
・同封の納付書で、納付書右側の「納入済通知書控」の納付場所に記載してある金融機関で納付
してください。
・申請書類提出の際、領収済みの「納入通知書兼領収書」の写しを提出してください。
・申請書類提出時に窓口で納めることもできます。その場合、通知文に同封した納付書をお持ちく
ださい。
・記載の金融機関での納付が難しい場合は、指定の口座へ振り込んでください。この場合、振込手
数料はご負担ください。詳しくはお問い合わせください。
      
6 その他
(1)書類提出は、焼津市水道庁舎窓口までお越しください。来庁が困難な場合は、お問い合わせください。
(2)指定更新しない場合は、工事店証の返却のみお願いします(郵送可)


お問い合わせ
水道工務課
電話      054-624-0111
ファックス   054-623-6926
メールアドレス suidou_koumu@city.yaizu.lg.jp



お電話の場合
窓口へお越しの場合
休日当番表
申請書ダウンロード
入札情報(事業者の方へ)
ページトップに戻る
焼津市水道事業TOP お知らせ ご利用の皆さまへ 焼津市の水道 水道事業のご案内 よくあるご質問